二ノ宮製作所オフィシャルウェブサイト 株式会社二ノ宮製作所
会社沿革
コンテンツ
トップページへ
会社紹介
会社概要
会社組織
アクセス
人材募集
リンク
お問い合わせ
製品紹介
製造ライン
生産設備
 
 
 
昭和22年
故二ノ宮精二会長が二ノ宮製作所を設立。機械部品の製造を開始。
昭和25年 電話通信搬送装置の板金加工開始。
昭和34年 有限会社二ノ宮製作所に組織変更(資本金300万円)。
昭和37年 製針機(ホッチキスの針を作る専用機械)製造開始。
フライス加工部門の設備充実に努める。
昭和38年 現代表取締役 二ノ宮常巳入社、専務取締役に就任。
昭和40年 皆野工場完成し移転。
昭和45年 国神工場完成。板金加工部門が移転。
皆野工場の機械加工、国神工場の板金加工と二事業部制を取る。
昭和46年 紙幣・硬貨等の計算機部品を製造開始。
昭和47年 自動ハトメ打機を開発(特許取得)、発売する。
昭和55年 有限会社二ノ宮製作所が(有)ニッセイと社名変更。
皆野工場が二ノ宮精密工業(株)となり独立。
国神工場が(株)二ノ宮製作所となり独立。
昭和56年 工場増築。工業計器及電算機等の部品加工製造開始。
昭和60年 故二ノ宮精二が中小企業庁長官より表彰を受ける。
「優良受診企業」として全国26社と共に中小企業庁長官より表彰を受ける。
昭和61年 故二ノ宮精二 勲五等瑞宝章を受章。
工場増築(1,250m2)。
昭和62年 NCターレットパンチプレス自動ライン・160トンNCベンダー・大型折曲ロボット・溶接ロボット等最先端の大型機械導入。
平成元年 デジタル交換機の各種部品の製造開始。
平成4年 NCターレットパンチプレス自動ライン増設及各種板金機械増設。
工場増築(200m2)。
平成5年 「埼玉県標準工場」の指定を受ける。
平成6年 工場増築。移動電話用無線基地局収容函組立専用工場とする。
NCターレットパンチプレス自動ライン及170トンNCベンダー・各種精密板金用機械増設。
平成7年 埼玉県標準工場の再指定を受ける。
半導体製造装置の本体部品製造開始。
国際公衆電話0041専用のスタンド製造開始。
平成8年 工場増築(726m2)。
一部厚生施設・溶接ロボット他各種機械増設。
埼玉県標準工場の再度指定を受ける。
平成13年 工場増築(54m2)。
YAGレーザー導入。
平成14年 アルミニウム溶接部品製造開始。
現在、有資格者多数。

平成15年

工場増築(251m2)。
レーザー加工機及ネットワーク対応型NCベンダー導入
コピーライト、二ノ宮製作所2005年